JA全農 酒造用原料米の複数年契約拡大へ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は主食用米や原料米で導入されている米の複数年契約をさらに拡大させる方針だ。  これまで酒造用原料米の生産は、単年ごとにJA側が需要を見込んで作付けを行い供給しており、需要と供給のミスマッチにより年度により不足と供給過剰を繰り返してきた。特に酒造好適米については、酒…

続きを読む

ヘッドライン

中央情勢

清酒

焼酎

ビール

流通
伊藤忠食品 業績予想を修正 (2017年10月31日)

その他酒類
エノテカが台湾に旗艦店を出店 (2017年10月26日)

調味料

醸造機械・用品