月桂冠 夏の熱中症対策にも、季節限定「冷やし甘酒」

2017年03月28日

 月桂冠は、夏場を中心とした季節に限定して「冷やし甘酒」を3月6日から8月まで、全国で発売する。商品バリエーションとして、西日本を中心に好まれる「しょうが入りタイプ」と、東日本を中心に好まれる「プレーンタイプ」の2アイテムを揃えた。

 同商品は、いずれも冷やして美味しく飲むことができるすっきりした味わいで、糖分や夏場に不足しがちな塩分・水分の補給、熱中症対策にもおすすめとなっている。さらに、日本人に不足しがちな食物繊維を補うために、還元難消化性デキストリン(食物繊維の一種)を配合した。原料の酒粕に含まれる食物繊維とあわせて、1缶あたり2・8gの食物繊維を含んでいる。

 パッケージは、通年販売している「月桂冠・甘酒」のデザインを踏襲し、「冷やし甘酒」では清涼感のある青色の格子模様をベースに用いた。米のエキスが雫となってしぼり出されるイメージを、楕円形の白抜きでデザインしている。中央には「甘酒」の文字を配し、上端には「糖分・塩分・水分補給に!」、下端には「うれしい食物繊維入り」と表示した。

 ▽容量=190g缶▽価格=オープン