朝日酒造 純米大吟醸「朝日山 天籟(てんらい)越淡麗」発売

2017年10月10日

 【新潟】清酒「朝日山」を醸造する朝日酒造(長岡市朝日、細田康社長)は「朝日山 天籟(てんらい)越淡麗 純米大吟醸」を10月11日に全国で発売する。

 同商品は「朝日山」ブランドの最高クラスのアイテムで、酒造好適米「越淡麗」を原料に蔵人が持てる限りの技で醸した。熟したリンゴやバナナを思わせる香りと、ふくよかなうまみとキレの良さを併せ持つ上品な味わいが特徴となっている。

 ラベルは特別な輝きを意味する金と朝日を表す赤を組み合わせたデザイン。専用の桐箱入りで、贈答にも最適な商品となっている。

 容量/希望小売価格(税別)は720ml/5000円、1・8l/1万円と贈答用を意識した価格設定になっており、百貨店などの需要の掘り起こしを図る。また、10月~12月に限定して出荷する予定で、年末の需要期に的を絞って展開する。

 【商品概要】▽アルコール度=15度▽日本酒度=プラス3▽精米歩合=麹米40%、掛米40%