島根県酒造組合 「しまねの地酒フェア2017in大阪」開催

2017年10月06日

 【大阪】島根県酒造組合は9月23日、島根の地酒をきき酒する「しまねの地酒フェア2017 in 大阪」を大阪市中央区の國民會館で開催し、約750人が来場した。

 同イベントは、業界関係者および一般参加者に向けて、島根県の日本酒をPRすることを目的に開催したもので、大阪では今年で2度目の開催となった。会場内には18の酒蔵がブース出展し、各ブースでは蔵自慢の日本酒を多数揃え、参加者に提供するとともに、蔵や日本酒について説明も行い、参加者との交流を深めた。また隣接した別会場では、島根の地酒が味わえる関西の飲食店の紹介コーナーや島根の観光PRコーナーも設けた。

 会場は大阪城が目の前に広がるロケーションで、参加者は特製おちょこを片手に島根の蔵ごとの味わいを楽しみ、秋が訪れつつある大阪城を見ながら日本酒と交流を楽しんだ。同組合の桑原隆事務局長は、「大阪では今回で2回目の開催となるが、多くの人に訪れてもらいありがたく思う。大阪はまだまだ島根の地酒を広げる可能性を秘めており、このイベントを通して、一般の人にも業界関係者にも広くその魅力を伝えていけたら何よりだ」と、大阪市場の重要性を語った。

 【出展酒蔵と代表銘柄】▽李白酒造「李白」▽米田酒造「豊の秋」▽國暉酒造「國暉」▽金鳳酒造「金鳳」▽吉田酒造「月山」▽木次酒造「美波太平洋」▽奥出雲酒造「奥出雲」▽簸上清酒「七冠馬」▽旭日酒造「十旭日」▽板倉酒造「天穏」▽酒持田本店「ヤマサン正宗」▽富士酒造「出雲富士」▽一宮酒造「石見銀山」▽若林酒造「開春」▽池月酒造「誉池月」▽玉櫻酒造「玉櫻」▽日本海酒造「環日本海」▽隠岐酒造「隠岐誉」