小山本家酒造 パック酒「界」を発売

2017年03月16日

 小山本家酒造はパック酒「界(かい)」3月10日から出荷する。

 同商品は「これまでのパック品質の界(さかい)を超える一つ上の新しい酒質」をコンセプトに開発をされた同社の新ブランド。アルコール17度ならではの濃淳なコクと旨みながら、スッキリとした飲みやすさも両立させた飲み飽きしない味わいが特長となっている。

 同社関係者によると「最初からアルコール度数を17度と決めていたわけではなく、一番おいしい酒質を目指したところ、結果的にこのアル度となった」と話し、同商品のターゲットは日本酒を飲みなれているヘビーユーザー層で、普段使いの晩酌酒の新定番として提案を行う。同社は「取引先からも味の評価が高い。大型新商品として注力していきたい」と意気込みを語った。

 【商品概要】▽容量/希望小売価格(税別)=2lパック/1180円、900mlパック/646円▽酒質=普通酒