日酒販 10月に首都圏展示会開催

2011年09月29日

 日本酒類販売は、10月12日に開催する「日酒販首都圏展示会2011~日本の元気を創る!~」に先立ち、専門紙を招いて「オリジナル商品内覧会」を開催した。

 展示会では、東北から魅力的な産品を集めた「Team東北~復興支援は終わらない~」、女性に人気の甘くて飲みやすいリキュールや見た目も度数も男性受けする商品を集めた「まったり女子会VSガツンと男子会」、また次のヒット商品を提案する「再発見!Nipponブランド」などの企画を展開するほか、トータル飲料コーディネーターの友田晶子さんによる「和酒とチーズを愉しむ会(仮題)」を題したセミナーも開催される。

 内覧会では、昨年から展開している「蔵元前割り」や倶楽部「蔵」冬の酒、女子会企画の酒として日本酒ベースの微発泡酒「姫ここち しゅわりん」などの同社オリジナル商品を展示。同社では、「今期は売り上げに占めるオリジナル商品の割合が1%に達するなど好調に推移している。今春から新商品開発本部が立ち上がり、現場の社員や女性社員の声を取り上げる体制が整った。今後は新しい需要、若い人へ向けた商品などさらに新商品を発売していく」とした。